短くしたいURLを入力して「短縮実行」を押して ください !

円高、円安・・・

グッド(上向き矢印)円高、円安・・・


通貨は、自国内で使われる通貨ですが、
国や企業は外交や貿易などで外貨と取引をしています。

通貨の売買取引です。
このときの通貨の価値が重要になります。

よく、テレビや新聞で、
1ドル115円の円高とか、円安とか出てきませんか。

通貨も商品と同じように価値をもっていると思ってください。

例としてAという商品とBという商品を交換するときに
いくらで交換するかということです。
Aが4個とBが1個で交換がまとまったとします。

Aという商品は、日本円で100円とします。
Bという商品はどこかの国の商品とします。

Bという商品を手に入れるためには、
Aが4個必要になりますので、日本円で400円です。

Aが100円に対して、Bが400円の価値で同等となります。

これを通貨と考えは一緒です。

通貨はそれぞれ価値を持っており、
買いたいと思う通貨は価値が高くなり、
買いたくないと思う通貨は価値が低くなります。

これを日本円では、円高、円安であらわしています。

外貨に対して日本円の価値が増した場合、円高になります。
逆に価値が下がった場合、円安ということになります。

例として、1ドル=110円で取引されていたとします。
この意味は1ドルを買うためには110円が必要になります。

この為替レートが1ドル=115円になったとします。
1ドルを買うために115円が必要になります。
つまり、ドルの価値が上がったことを意味します。円安です。

日本の円の価値が下がりました。
このように通貨は常に価値が変動しています。
この価格の変化を表すのが為替レートです。




posted by 稼ぎの情報館 at 14:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | FX
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。