短くしたいURLを入力して「短縮実行」を押して ください !

FXの注文の仕方?

exclamation&questionFXの注文の仕方?exclamation&question

FX注文方法は、いくつかあります。

一つ一つ、確認して見ましょう・・・

指値とは?
「指値」は英語でリミットオーダーと言って、
あなたの指定した値段か、
それより有利な条件の場合だけ約定する注文方法。

自分はこの値段になったら買いだとか売りだなどの条件を
あらかじめ取引会社に指定しておく方法です。

パソコンや携帯電話の画面を常に見られる人意外は
この注文方法が一般的だと思います。

「指値」と異なり「成行」取引は
プライスオーダーといわれており、
パソコンや携帯の画面に表示されているレートを見ながら
売買したい値段になったらクリックして約定する注文方法です。

株式取引のデイトレードと似ていますが、
注文が成立する前に約定価格を確認できる点が
株式取引の「成行」取引と少し違います。

逆指値とは?
文字通り「指値」と反対のことをすることです。
いわゆる「損切り」のことで、
損失をむやみに増やさない合理的な?注文方法だと思います。

外国為替証拠金取引を行っているならば、
ほとんどの場合「アメリカドル」を保有していることが多いと思いますが、この時に円高ドル安になった場合、損失が発生します。

もう少し待てばドルが値を上げるだろうなどと考えて
ドルを保有し続けると痛い目に遭います。

ここは潔く損を覚悟でロスカットして次の取引に備えるべきで、
そのためにも「逆指値」をしておくことは重要です。

IFD

新規の注文のときに決済をセットで発注する注文方法で、
今現在のドルの値段が100円で105円になったら買いで、
その後ドルが更に110円になったら売りに出すといった
少し複雑な注文方法です。
この方法だと売買のタイミングを希望に沿った形で行えて、
会社の仕事に差し支えることも少なくなります。

OCO

買いポジションのときに、
希望する値段になったときに決済してもらう「指値注文」と
狙いどおりにいかないで損切り(ロスカット)を決済してもらう
「逆指値注文」を一緒に注文する方法です。

「W指値」ともいわれ、英語の(One Cancels the Other)
の頭文字をとったものです。

IFO

新規注文のときに「指値注文」と「逆指値注文」を同時に発注する方法。
IFDとOCOを合わせた注文方法です。

いかがですか?

FXに挑戦したくなりましたか?

もっと、勉強してから?

それも結構ですよ!!


posted by 稼ぎの情報館 at 21:21 | Comment(0) | TrackBack(4) | FX
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ストップロスオーダー(逆指値)
Excerpt: 相場は、いつどの方向で動くかわかりません・・・知っていたら、あっという間に億万長者ですね。逆指値注文の具体例として・・・
Weblog: 株式投資よりも日経先物はいかがです
Tracked: 2006-08-24 21:27

IFD注文で新規注文と決済注文を同時に出す
Excerpt: IFD注文って? IFD注文は正確には「IF DONE注文」といいます。新規注文と決済注文(仕切り注文といいます)をセットで発注する方法です。つまり、新規注文が約定されると次の決済注文が生きてきます。..
Weblog: 外国為替証拠金取引とは?
Tracked: 2006-09-19 23:56

OCO注文で上げ下げどちらにも対応する
Excerpt: OCO注文って? OCO注文は正確には「One Cancelthe Other注文」といいます。現在持っているポジションに対して、2つの注文を同時に出す方法です。2つの注文のうち、片方が約定されると、..
Weblog: 外国為替証拠金取引とは?
Tracked: 2006-09-22 21:29

成行
Excerpt: 成行(なりゆき)とは為替レートの動きをみて、値段を定めないで行なう売買の注文のことです。
Weblog: 初心者への提言、外国為替FXの基礎知識
Tracked: 2006-10-16 22:45

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。