短くしたいURLを入力して「短縮実行」を押して ください !

FXのオシレーター(強弱)分析について

ひらめきFXのオシレーター(強弱)分析についてひらめき

FXをうまくこなすためには、分析能力が必要です。

むやみやたらに、為替市場に参入しても、
良い結果は、生まれません。

偶然に、良い結果が出る場合もありますが、
その原因の分析がわからなければ、
次に繋がりません。

勿論、損したときも、その原因を分析できるのかどうかが、
次の勝負に生きてきます。

為替市場では、
株式市場のように出来高で相場の強弱を測ることはできません。

為替相場には出来高というものがないのです。

では・・・
為替相場の強弱を測るための物差しとは?・・・

為替相場では、オシレーター分析が利用されます。

オシレーター分析の代表的なものとして、
モメンタム分析
RSI分析
ストキャスティクス分析
MACD分析
DMIなどがあります。

これらの分析方法は欧米人によって開発されました。

これらの分析ツールは相場が一時的に極端に値動きする動きを示します。
売られすぎていないか、買われすぎていないか、ということです。

それらの動きをみて、売りが強いときに買ったり、
買いが強いときに売ったりして、いい条件で売買できます。

インターネットでは、これらのツールの指標は参照できますので、
為替取引をする際には、とても有効です。

各分析法を検索してみましょう!
posted by 稼ぎの情報館 at 16:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | FX
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。