短くしたいURLを入力して「短縮実行」を押して ください !

生命保険、いくらに設定します?

生命保険、いくらに設定します?

あなたは、生命保険に加入されていますか?

加入されていれば、生命保険料の受取額
(つまり死亡したらもらえる金額)をいくらに設定していますか?

これを自分で、決めることが重要です!!

どうやって決めるのか?

以下をご参照ください。

さて、生命保険の金額、すなわち自分が死んだときに
残された遺族がもらえるお金はこれはいくら必要になるのでしょう?

独身の方なら、親の生活の面倒をみているのではない限り、
特別必要にはならないでしょう。

親の生活の面倒をみていたり、
配偶者や子供を扶養している人は、
自分が死んだ後、
残された遺族の生活にお金がいくら必要かを算出する必要があります。

まず、支出を計算します。

現在の生活費から自分の分を差し引いて、
遺族のだいたいの生活費がわかりますよね。
それに子供の教育費や進学費用を、
子供が大学まで行くのか、高卒中卒で働くのかなどを考慮しながら、
加えていきます。

賃貸住宅の人なら、配偶者やお子様は実家に身を寄せたら、
家賃分は生活費が安くなりますし、住宅ローンを抱えている人なら、
住宅ローン用の団体信用生命保険でローンはチャラにしてくれますね。
(これは、ちゃんと加入しましょう。)

こういうことを加味しながら、遺族の総生活費を計算します。

まぁ、恐らく数千万から1億近い金額になると思います。

大まかでもいいですよ。

目安を出すのが目的ですから・・・

次に遺族の収入の計算です。

自分が死ねば遺族に遺族年金が入ります。
ここは、国内大手生保さんはあまり教えてくれないんです。
保険料を上げるため・・・
残された遺族の生活費ばっかり強調して・・・
故意かどうかは知りませんが・・・(^^;)

会社勤めの人なら退職金も出ますよね。
会社によっては死亡見舞金みたいなのもありますし・・・

これらの総収入を計算します。

そして、総生活費−総収入=足りないお金が、答えです。

ちょっと工夫すれば、エクセルでちょちょいと計算できます。
この足りないお金のぶんを生命保険で補えばいいわけです。

決して、保険会社の言いなりにならないでください。

冷静に計算すれば、月々の保険料は、下げられますよ!!

家計にプラスになりますよ!
posted by 稼ぎの情報館 at 16:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生命保険

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。